ロードヨット330 カスタム ロードゴーイング ママチャリ から~の、メトロセーラパパチャリ | katsu さんのブログ

FUJI NAOMI 2018 Polish カスタム17 ポジション再考3

 投稿者: katsu
投稿日時: 2019-03-02 01:19:00

久しぶりにNOAMIカスタムの更新です。

TRACK ARCVのカスタムで得た事などを基にステムを交換しポジションをつめました。

Zipp Service Course SL Stem
7075+総TORX穴チタンボルト、90㎜、‐17° TPO CAP付 amazon.comで購入



後ろに1度スロープしていますが、ほぼ水平。

NAOMIの49㎝サイズは残念ながら完全なホリゾンタルではなくTOPチューブが

3度スロープしています。なので、TOPチューブとステムの角度の違いは2度

少しだけ残念ではありますが、52サイズだとやはり自分にはフィットしないので

これで限界。


まあそれでも「ホリゾンタル」と言っていい範疇と思っています。


ZIPPのステム。相当剛性高いです。同じ7075素材の90㎜で軽量を誇るTOMSONより

なんと10gほど軽い129g。これはチタンボルトが大きく貢献していると思います。

見た目的にもストリート系ロード感が増大しました。


NAOMI購入からほぼ1年。フィッティングサービスを受ければもっと目標値設定は

短期間に出来たとは思いますが、実際それに合った気に入ったパーツを入手できるかは

別問題。


今回思った事。今この状態でTOMSONとのブラケット位置に違いは手前2~3mmになった

だけでほぼ同じ位置にあります。

が!!!

コラムクランプ位置の数ミリの違いやそれに伴うステムの角度で、前輪を前に押す

作用点??も違ってきてステアリングフィーリングが違う事に気が付いた。


これはオートバイのフレーム形状の違いでも経験あるのですが、結構それを強く

感じる事が出来ました。だからどう??と言われてもフィーリングの事なので

レースに出ているわけではないからタイムに影響がある無いの問題でなく。

好きか嫌いかというレベル。でも、結局動力も操作も人なので重要な事です。



アルミポリッシュパーツにこだわってきましたが、フィーリングが良く

なるのであれば黒でもまあ良いか??と


余談ですが


NAOMIもRIDOWのビレットライトにしました。

本当は1インチクロモリに似合うライトと思いますが、意外にこの武骨なアルミロードにも

いい感じでFITしています。


何より比較的重い物がフレームセンターにあるので、それもハンドリング安定の貢献

要素である事だけは事実です。


コメント数:0
コメントがありません。

サイト内検索

会員登録はこちらから!

自慢の自転車の紹介や、カスタムまでの道のり、 その愛車で旅した、旅日記を書いたり、 愛車のパーツを無料ブログでレビューしてみませんか?

既に会員のお客様はこちらから



当サイトをご紹介いただいております。