ロードヨット330 カスタム ロードゴーイング ママチャリ から~の、メトロセーラパパチャリ | katsu さんのブログ

FUJI NAOMI 2018 Polish カスタム3  7.5kgを切った

 投稿者: katsu
投稿日時: 2018-05-02 00:47:00

中華カーボンを駆使して7.5Kgを下回りました。

なんと7400g

ペダルやその他装備して8200gほどです。


現在シマノのコンポを中古や新車外しのパーツで

デュラ、アルテ、105、ティアグラ、ソラとフルコンプリート状態で

9sになっています。この状態でノーマルNEW SORAより、スパスパとシフトチェンジします。

Fフォークをベントタイプのコラムまでカーボンのタイプに変更


ホリゾンタルフレームにはストレートじゃなくこっちの方が

見た目的に自然な感じです。

オフセットが短くなったので、直進安定性が増し手放しがすこし低速で

可能になりました。その分ハンドリングは粘っこい感じにはなりますが

ジオメトリー的にはシクロクロスよりまだロードよりの数値に収まっていますので

ポタには楽で、距離稼げそうです。


ホイールは38㎜セミディープリムカーボンクリンチャー。

無地の物を選んだので、事務所のカッティングシートステッカーを貼ってます。

フリーボディーは11s対応になっているので11s化は可能なのですがあのデザインに

興味が全く無く。。。最終的には旧105(4700)STIで3世代前のデュラ7800FD、RDを使って

て仕上げる予定です。


やろうと思えば後250gほど軽くできそうですが、例えばクランクなどカーボンで165㎜とか

ほとんど存在しないので、ここらが常識的な(金銭的にも)限界かな?


いわゆる中華カーボンも、今結構信頼できる状態で2年保証など当たり前。

良いメーカーを見つければ本当にいい結果になります。

ポイントはまず質問メールを送ってみる事。その回答で結構判断できます。


Fフォーク購入の際「オフセットの寸法を教えてくれ」とメールした所

「オスセットって??何??」って答えが返ってくる所もあったりして

まずそういう所からは買わない。




コメント数:0
コメントがありません。

サイト内検索

会員登録はこちらから!

自慢の自転車の紹介や、カスタムまでの道のり、 その愛車で旅した、旅日記を書いたり、 愛車のパーツを無料ブログでレビューしてみませんか?

既に会員のお客様はこちらから



当サイトをご紹介いただいております。