ロードヨット330 カスタム ロードゴーイング ママチャリ から~の、メトロセーラパパチャリ | katsu さんのブログ

DOPPELGANGER ROAD YACHT 330 GR カスタム 330について中間まとめ

 投稿者: katsu
投稿日時: 2017-10-25 01:32:00

ここ以外の書き込みで質問や色々な意見などあり。

安全性とか荷物を積んだ時の操作性とか




えーと。。

まず荷物を積んだ時の操作性について。


正直言って、カーゴスペースに綺麗に積める事が出来れば積載重量MAX(10kg)

積んでもなんの変化も無いです。ハンドリングには何も影響しません。


影響がある場合


それは極端にスペースからはみ出た時荷物が不安定になる。また、ヤンキーみたいに

がに股になっちゃうww的な?これは積み込む物、積み込み方の問題で自転車の問題

じゃ無いです。

もし、どうしてもがに股になっちゃった場合は。。ゆっくり走る事ですwww。


コーナーリングに関しては、ここに重い荷物を載せても重心は極端に高くならない

ので左右に切り返してバンクさせる時もほぼ意識しないで済みます。

と言うかオートバイのコーナーリングほどバンクさせるわけでもないし、レース

に出ているわけでもないし。。



クランク周りのフレームも2本で少し開いているのでBBも広くクランクオフセットも大きいので

キューファクターも広いです。でもレース出るわけでもないし、ビンディングで足を固定して何十

キロも走る事を想定している自転車ではないので何も問題は無いです。関節に負担がかかる事も

無いです。

現在BBも少し狭くオフセットの少ないクランクを付けていますが、広がっているフレームに足が

当たる事も無いです。


安全性

フレームは大変頑丈です。まるでオートバイのダブルクレドールフレームの様な構造を

2段にした様な形。なのでエンジンも無い自転車には固く重いです。おかげで、縦横ひねり

どの方向にもほとんどビクともしないです。ノーマルはこの固いフレームに1.75のタイヤ

柔らかいばねのサドル、しなりがあり多少ショックを吸収する構造のステム一体のハンドルで

対処しているようです。


タイヤを少し細くして(1.5)ホイールも変えたので振動を多く拾ってしまう方向になりました。

ノーマルでは私にはサドルのバネレートが柔らかすぎと感じていたのでブルックスの

フライヤーのレザー素材とレートアップで振動に対処しました。

また、好みの問題でシートピラーとハンドルバーをカーボンにして伝わる振動を変えて乗り心地

を快適な方向にしています。


ブレーキは元からVブレーキなのでストッピングパワーは十分あります。タッチや制動力に影響が

あるのは「ブレーキシュー」の方が重要です。ノーマルブレーキにシマノディオーレのシューで

ほぼ解決できます。そもそも電動アシストのような重い車体でも十分ストップ出来るだけの力がVブレーキには

あると思うので。それ以上を望むならディスクですが、まずそこまでの使い方する自転車でもないと思うし。


安全性に関して。


いわゆる自転車として全く問題ないものですし、丈夫な車体と思います。

一つ大きな問題が有るとするとカーゴから何かはみ出した時。

それは大変危険です。クランクにバッグの紐が絡んだりしたら、もう大変な事態。



なので、カゴカバーを自作して使っています。これなら財布とかその他小物を直接かごに

入れて使えます。また、ここならバッグをひったくりされる事も無いです。

前かごの様にギャップを踏んでもかごから荷物が飛び出すことも無いです。



私はティンバック2のカタパルトLを使っています。

これがこのカーゴにぴったり収まります。現在カタパルトLは販売されていませんが

おそらくティンバック2のカタパルトシリーズはほぼすべてフィットすると思います。



出来れば純正でカゴカバーを出してもらいたいと今でも思っています。


欲を言えば、、、もう少し軽いほうがいいかな??www

後ホイールの(ハブ)の精度は上げて欲しいです。

出荷時のスポークテンションやリムのブレももう少し精度上げて欲しいです。

またノーマルのチェーンリングはギヤ軽すぎです。


定価は38000円?ほどの設定の様ですが、市場価格は2万~2万8千円。


完成度上げて5万ほどの設定で設計したらおそらく何も問題ない「良い自転車」

になったのかな??と思っています。

おそらくその設定で実質市場価格は3万5千円前後でしょう。













コメント数:0
コメントがありません。

サイト内検索

会員登録はこちらから!

自慢の自転車の紹介や、カスタムまでの道のり、 その愛車で旅した、旅日記を書いたり、 愛車のパーツを無料ブログでレビューしてみませんか?

既に会員のお客様はこちらから



当サイトをご紹介いただいております。