十影のギャンガー日記 | 十影 さんのブログ

FiX11 Ver.D ディスクブレーキピストカスタム

 投稿者: 十影
投稿日時: 2017-03-27 23:11:00

DOPPELGANGER FX11 をピストとして組んでいましたが、

(コチラの投稿→ https://www.charicolle.jp/blog/account9/1920/ )

それを更に前後ディスクブレーキ化してみましたw

「FX」の「fixed gear(固定ギア)」なので、「FiX11」ですw






以前のピスト化からの再構成として、

まずはホイールのディスク化ですね。

前輪はディスクハブで組み直し。



後輪は、両切りピストハブの左側(フリーギア装着のネジ山)に「ローターアダプター」を使い、

ディスクローターを取り付けできるようにしています。




そしてディスクキャリパーは。

検索してて一目ぼれしてしまった、

「DIACONPE JUINTECH R1」

所謂「ヒモ油圧ディスクブレーキ」です。

ワイヤー曳きですが、油圧シリンダーがキャリパーに内蔵されています!



フロントフォークのディスク台座は、フォーク交換で対応。

ちょうど良いクラウン下長でコラム長もFXの長さに対応できる

カーボンフォークが見つからなかったので、

Liteproブランドで扱っていたダホン向けの

アルミフォークにしました。

650g位と軽量で、コラム長も450mmと充分でした。



フロントは160mmローターです。


さて、問題はリアのディスク台座

剛性があり、かつフレームの余計な場所に負担のかからない設計で、

アルミブロックやアルミ板から削り出して自作しました。



逆爪をピスト化している関係で、

「ホイールのすっぽ抜け」が怖いので

チェーン引きの使用は必須。

しかも、チェーン引きを調整するとローターとの接点も変わってくる。

その上、後々は多段モードにもするつもり…

試行錯誤の上、この形になりましたw


全て問題なく機能しています!


試走した感じ、ブレーキはよく効いて気持ちイイ!





そして今回、ついでと言いますか、ポジションの改善のために

「ブロンプトン純正パーツ ペンタクリップ」と言う「シートポストのヤグラ」をインストールしてみました!



アルミのシートパイプにこのヤグラを装着する事で、

サドルの大胆な前出しをしました。



けっこうなマイナスオフセットですね!

オフセット マイナス25mmくらい?!


いままでゼロオフセットを使っていましたが、

それでもFXはシートパイプが寝過ぎなので

これでロードに近いサドル位置に近づけることができます。

この方法の先駆者であるFX乗り「MKさん」に感謝です!


ママチャリのヤグラでも同じような感じにできますが、

ブロのこのパーツは軽量で見た目もよく、

ヘックスレンチのみで調整が可能です。

(ママチャリヤグラだとスパナも必要な事が多いかな)


と言うわけで「折畳ディスクブレーキミニベロピスト」なんて変な物を作ってみましたw

折畳がゆえ、輪行時にホイールを外すことも無いのでディスクブレーキの再調整なども要らず、

機械式ワイヤーなので折り畳み時のホースの負荷も気にすることは無く、

けれども油圧ディスクのように軽いタッチでしっかりした制動力を発揮…

固定ギアなのは只の趣味だけどw輪行時などディレイラーの気を使わなくて良い。


ある意味理にかなっているのでは?!なんてね(笑)


コメント数:1
良いブレーキを教えて頂きました‼
現在装着のはローターの選択に困っていましたが、このキャリパーに交換してみたいと思います。

daigen (2017-05-05 12:18:20)

サイト内検索

会員登録はこちらから!

自慢の自転車の紹介や、カスタムまでの道のり、 その愛車で旅した、旅日記を書いたり、 愛車のパーツを無料ブログでレビューしてみませんか?

既に会員のお客様はこちらから



当サイトをご紹介いただいております。